「生物多様性の保全と生態系の健全性の回復」(鷲谷いづみ教授)

東京大学大学院農学生命科学研究科保全生態学研究室

研究内容

霞ヶ浦湖岸で土壌シードバンク(土の中の種子)から再生された植生

絶滅危惧植物カッコソウ

有機農業水田における食物網の研究

テーマ:
生物多様性の保全と生態系の健全性の回復
概要:
わたしたちの研究室では、生物多様性の保全、健全な生態系の維持という社会的な目標に寄与しうる生態学的研究を目指しています。種子植物の生活史の進化に関する基礎的な研究から生活域の自然の保全・復元・生態系管理に直結する応用的な研究まで、幅広い研究課題を取りあげて研究を進めています。
持続的な社会を築くために不可欠な「生物多様性の保全」と「生態系の健全性の回復」に必要な研究として、生態学とその関連分野の手法を駆使して、次のようなテーマに取り組んでいます。
最近の研究テーマの例:
・湖岸の湿地植生の再生
・侵略的外来種セイヨウオオマルハナバチの分布拡大予測
・生息場所の連結性が生物の分布に及ぼす影響
・リモートセンシングによる絶滅危惧植物の潜在的生育適地の分布推定
・外来植物シナダレスズメガヤの分布拡大予測
・畦畔植生の保全生態学的評価
・水田耕作放棄地の植生の保全生態学的評価
詳しくはhttp://www.coneco.es.a.u-tokyo.ac.jpをご覧ください。
キーワード:
生物多様性, 保全生態学, 絶滅危惧生物, 外来種, 自然再生, 空間生態学
学部体系:
理工学系(理学系), 農学・生命科学系(農学・生命科学系)
研究分野:
自然環境(生態系の監視・保全関連, 緑化・自然再生など環境創造関連, 流域圏保全、その他, その他自然環境関連)

研究室概要

大学・研究室名
東京大学大学院農学生命科学研究科保全生態学研究室
【研究室の特色・PR】
鷲谷グループ
わたしたちの研究室では、生物多様性の保全、健全な生態系の維持という社会的な目標に寄与しうる生態学的研究を目指しています。種子植物の生活史の進化に関する基礎的な研究から生活域の自然の保全・復元・生態系管理に直結する応用的な研究まで、幅広い研究課題を取りあげて研究を進めています。

※研究室のウェブページhttp://www.coneco.es.a.u-tokyo.ac.jp/index.htmをご覧ください。
【先生のプロフィール】
氏名:
鷲谷いづみ
研究室HP:
http://www.coneco.es.a.u-tokyo.ac.jp/index.htm
【所属学生の人数】
6~10人程度
【研究室連絡先】
東京都文京区弥生1-1-1
ajn@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp(研究室助教:西廣淳あて)
(2009年1月現在)