オランダの首都、アムステルダムの港に新たな風力発電パークが完成

発表日:2008.06.17

オランダのアムステルダム港西部にあるアフリカハーバーに風力発電パークが完成し、住宅・国土計画・環境省(VROM)のクラーマー大臣がオープニング式典に出席した。この風力発電パークは、港湾を管理しているアムステルダム港公社と、再生可能エネルギー事業に取り組むKoop duurzame Energie社及びEvelop社が開発したもので、9基の風車を備え、発電容量は27メガワットに上る(約1万7500世帯分の電力を供給することが可能)。風力発電施設については、景観との調和が問題となるケースも多いが、アフリカハーバーでは、日常的な風景の中に風力発電施設が溶け込んだ「21世紀の風景」を見ることができる。既存の施設も合せると、アムステルダム港における風力発電容量は全体で65メガワットとなった。なお、オランダ政府は、現内閣の間に、風力エネルギーを倍増し、4000メガワットとすることを目標に掲げている。

新着情報メール配信サービス
RSS