欧州環境局、2013年欧州温室効果ガスインベントリで2011年の排出量は減少と報告

発表日:2013.05.29

欧州環境局(EEA)がまとめた2013年欧州温室効果ガス(GHG)インベントリによると、EUの2011年のGHG排出量は前年(2010年)比で3.3%減少し、1990年以降の最低水準となった。この減少の主な原因は、暖冬で暖房などの需要が減ったためだという。EUのGDPは1.6%改善したが、総排出量は減少し、1990年比では18.5%減少となった。今回発表された最終データでは、最終的なエネルギーデータがそろうまで暖房需要の減少が確定できなかったため、減少幅が2012年のEEA速報値での減少幅を上回った。減少分のうち3分の2がイギリス、フランス、ドイツによるものであった。化石燃料の消費量は5%減少、再生可能エネルギー源によるエネルギーの消費量も、主に水力発電の減少により、比率で大きく減少した。なお、2012年については、インベントリデータはまだないが、EU排出量取引制度の対象部門で2%減少、欧州委員会統計局(Eurostat)の速報でも2.1%と推定している。

新着情報メール配信サービス
RSS