国際エネルギー機関、エネルギー部門脱炭素化への各種政策オプションを検討

発表日:2014.12.24

国際エネルギー機関(IEA)は、エネルギー部門の脱炭素化へ向けた各種政策を検討した報告書「エネルギー・気候変動・環境:2014インサイツ」を刊行した。この報告書は、2014年の国連気候変動リマ会議ですべての国が温室効果ガス(GHG)排出削減に取り組むことが確認され、2015年に開催予定のパリ会議では気候変動緩和への各国の目標が盛り込まれた新たな国際合意の形成が見込まれる中、その目標達成のための具体的政策を分析したもの。例えば、大気汚染とGHG排出の関連性について、世界最大のGHG排出国である中国とアメリカの取り組みに焦点を当てた分析が示されている。その他、石炭火力発電等の既存の高排出インフラから脱却する方法、炭素価格付けの手段としてエネルギーシステムの脱炭素化を推進する排出権取引制度の効果的な導入方法、脱炭素化の進捗を追跡し、取り得る対策を特定するための指標等について分析されているほか、エネルギーとGHG排出に関する最新の統計データも掲載されている。

情報源 国際エネルギー機関(IEA) プレスリリース
国・地域 国際機関
機関 国際エネルギー機関(IEA)
分野 地球環境
環境総合
キーワード 火力発電 | 大気汚染 | 気候変動 | 温室効果ガス | エネルギー | 国際エネルギー機関 | IEA | 排出権取引 | GHG | 脱炭素化
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS