欧州環境局、再生可能エネルギーは2013年も増加し温室効果ガス排出削減に貢献と報告

発表日:2015.02.17

欧州環境局(EEA)は、欧州における2013年の再生可能エネルギーの普及状況と波及効果に関する報告書を公表した。報告書によると、2013年にはEUの全加盟国で再生可能エネルギーの利用が増加し、全エネルギーに占める再生可能エネルギーの割合はEU全体で15%近くまで拡大したという。これは、温室効果ガス排出削減に大きく貢献し、2005年以降の再生可能エネルギーの普及がなかったら、2012年の温室効果ガス排出は実際よりも7%多くなっていたと推定されている。再生可能エネルギーはエネルギー安全保障にも寄与し、2005年以降の再生可能エネルギーの利用がなければ、2012年のEUの化石燃料の消費量は実際より約7%(燃料別では、石炭13%、天然ガス7%)多くなったという。EEAは、「欧州における再生可能エネルギーの普及は成功に向け着実に前進しており、さらに技術革新を推し進めることで、温室効果ガス排出を削減すると共に新たな雇用創出も可能だ」としている。

新着情報メール配信サービス
RSS