気候変動枠組条約、各国の目標案を合わせた削減効果をまとめた統合報告書を公表

発表日:2015.10.30

国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局は、各締約国が提出した気候行動計画約束草案(INDC)が全体でどのような効果をもつかをまとめた統合報告書を公表した。2015年10月1日現在で146か国が提出したINDCをまとめると、費用効果的かつ大幅な温室効果ガス排出抑制が見込め、2100年までに世界の平均気温の上昇は2.7℃に抑えることができると推定されるという。また、世界の平均一人当たり排出量を2025年までに8%、2030年までに9%削減する見通しとなること等も示された。取り組み強化の緊急性に関する理解が深まって各国が対策を準備しており、多くの国は2050年までに純排出量がほぼゼロになると予想しているという。UNFCCCは、パリ合意が成立して気候資金その他の多国間協力が動き出せば、各国の排出削減はさらに進む可能性もあるとして、2℃目標の達成はまだ可能だとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS