アメリカ海洋大気庁、2015年度版のアメリカ気候報告を公表

発表日:2016.01.07

アメリカ海洋大気庁(NOAA)の国立環境情報センターは、アメリカの気候に関する年次報告の2015年版を公表した。それによると、2015年のアメリカの年平均気温は54.4°F(12.4℃)で、20世紀の平均を2.4°F(1.3℃)上回り、2012年の55.3°F(12.9℃)に次ぐ観測史上2番目に高温の年になったという。年平均気温が20世紀平均を上回るのは19年連続。年の前半は西部が極端に暖かく東部は寒かったが、年末までに記録的高温が東部まで及び、西部が平年並みになった結果、すべての州で年間気温が平均を上回った。降水量は、アメリカ本土の平均が34.47インチ(875mm)で平年より4.53インチ(115mm)多く、121年間の観測史上3番目の多さだった。降水量は中部および南東部は平年よりかなり多かった一方、西部や北東部は少なかった。同年の国内気象・気候災害は暴風雨、洪水など10件で、155人が死亡し、10億ドル超の損害が発生したという。

新着情報メール配信サービス
RSS