アメリカ海洋大気庁、アメリカ本土の郡レベルの気候の長期変化を示すツールを公開

発表日:2016.07.27

アメリカ海洋大気庁(NOAA)は、アメリカ本土のすべての郡における、1950~2100年の気温や降水量、関連する気候変数の変化を表すダウンロード可能な地図・グラフ・データ表を提供するツール、最新版「気候エクスプローラー」を公開した。このツールは、2100年までの大気圏内の温室効果ガス量の変化を描く2つの気候モデルシナリオに基づき、華氏95度(35℃)を超える気温や豪雨の日数の変化、暖房度日・冷房度日(冷暖房エネルギーの必要度を示す指標)の変化などのパラメーターの予測を提供している。NOAAやアメリカ地質調査所などが起ち上げた、気候に関する回復力構築を目指すツールキットに付属しており、地域社会のリーダーや企業経営者、自治体の計画立案者、公益事業や資源の管理者らが今後数十年間の環境条件の変化を把握するのに役立つという。ツールキットの気候予測担当チームリーダーは、「全国の地域社会や企業が、気候関連のリスクやチャンスを管理するための実用的な気候予測を求めており、そうした要請に応えて今回の更新を行った」としている。

新着情報メール配信サービス
RSS