国際エネルギー機関、効果的な気候行動には温室効果ガス排出量のデータの充実が重要と指摘

発表日:2016.11.07

国際エネルギー機関(IEA)は、効果的な気候行動のためには精度の高い温室効果ガス排出量のデータが重要だと指摘した。CO2の発生源と発生量に関する正確な情報は各国が気候約束を実行するのに不可欠であり、データの質が高いほど的を絞った効果的な行動が可能になる。例えば、アメリカ航空宇宙局(NASA)は軌道上炭素観測衛星2号機を使ってCO2排出の世界地図を作成しており、これにより、今後何年にもわたって従来よりも詳細かつ地域固有の排出データを政策決定者に提供するという。COP22ではパリ協定の実施に焦点が当てられ、その中心となるのはエネルギー部門である。エネルギーの計画策定、分析、政策決定には、持続可能な開発の推進と気候変動への対処が不可欠な要素となっている。これらの政策措置も正確なデータに基づく必要があり、IEAは各国と協力してエネルギーデータの報告を改善し、CO2排出の推定精度を高めており、「燃料燃焼によるCO2排出量」報告書では150以上の国と地域の40年以上にわたるデータを提供している。

情報源 国際エネルギー機関(IEA) プレスリリース
国・地域 国際機関
機関 国際エネルギー機関(IEA)
分野 地球環境
環境総合
キーワード 気候変動 | 温室効果ガス | CO2排出量 | エネルギー | 国際エネルギー機関 | IEA | 排出量 | データ | 気候行動 | パリ協定
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS