世界気象機関、ラニーニャの状態はほぼ収束したと報告

発表日:2017.02.16

世界気象機関(WMO)は、2016年後半に見られた弱いラニーニャの兆候が2017年1月にはほぼ収束したと報告した。WMOによると、2016年後半には熱帯太平洋の海面水温が平年よりやや低く、雲や降雨のパターンは典型的なラニーニャの様相を示すなど、多くの大気指標が弱いラニーニャの兆候を示していた。しかし、2017年1月に水温や一部の大気指標がエルニーニョ・南方振動(ENSO)中立レベルに戻るとともに、極東熱帯太平洋では1月末に海水温が平年より1.5℃以上高くなっており、南アメリカ西部赤道域沿岸部にエルニーニョ状態が形成されつつあるという。2016年中ごろからの弱いラニーニャ状態では、他の気候要因の影響が同等かそれ以上に強かった地域もあった。今後の予測では、大半の気候モデルが2017年前半は中立状態が続くとみる。2017年6月以降についてはモデルによって予測はさまざまだが、中立状態が続くかエルニーニョかのいずれかになる可能性が高いという。地域ごとの気象予測は各国の気象水文機関から情報が発信される。

新着情報メール配信サービス
RSS