REN21、2016年の世界の再生可能エネルギー追加容量は記録を更新と報告

発表日:2017.06.07

国連環境計画(UNEP)によると、REN21はこのほど公表した「自然エネルギー世界白書2017」で、2016年に世界の再生可能エネルギーの発電設備容量に161ギガワット分が追加され、2015年比で約9%増の合計約2017ギガワットに達したと報告した。追加された容量のうち太陽光発電は約47%、風力発電は34%、水力発電は15.5%を占めた。電力システムの柔軟性を高めれば、化石燃料や原子力のベースロード電源がなくとも、出力変動型の再生可能エネルギー(VRE)を高い割合で統合できるという。柔軟性を高める方法には、電力の系統連系、部門結合、エネルギー貯蔵システム、ヒートポンプなどがある。2016年はエネルギー貯蔵容量が約0.8ギガワット増加、従量課金制によって小規模グリッドおよび独立型システムの市場は急成長した。ただし、パリ協定の目標達成のためには再生可能エネルギーへの投資をさらに拡大する必要がある。また、輸送、冷暖房部門は電力部門に比べ導入が大幅に遅れており、化石燃料補助金の段階的廃止も未だ不十分だという。

新着情報メール配信サービス
RSS