国際再生可能エネルギー機関、クリーンエネルギーによりパリ協定のエネルギー関連排出削減目標の90%分の達成が可能と報告

発表日:2017.07.05

国連気候変動枠組条約(UNFCCC)によると、国際再生可能エネルギー機関(IRENA)はG20サミットを前に、クリーンエネルギーはパリ協定の目標達成に必要なエネルギー関連CO2排出削減の90%分を達成できる可能性があるとする報告書を公表した。世界平均気温の上昇を2℃未満に抑えるには、エネルギー関連のCO2排出を2050年までに2015年比で70%以上削減する必要があり、これには再生可能エネルギーの大量導入とエネルギー効率化が不可欠だとされる。IRENAの調査では、13の部門における現在および将来の低炭素技術需要に基づき、一次エネルギー供給に占める再生可能エネルギーの比率が現在の16%から2050年には3分の2まで増える可能性があるという。しかし、この急増の実現にはいっそうの技術革新と新しいビジネスモデルが必要になる。IRENAは、技術革新は急速に進んでおり、今後はビジネスモデルや市場、規制、金融の革新も進んで大きな趨勢を形成するものと期待している。

新着情報メール配信サービス
RSS