イギリス、植樹助成金として土地所有者に計1300万ポンドを支給

発表日:2017.07.20

イギリス環境・食糧・農村地域省(Defra)は、土地所有者がより多くの木を植えるための次回の助成金として、計1300万ポンドを支給すると発表した。森林を増やすことで、野生生物の保護、木材供給の拡大、洪水リスクの低減を目指す。対象はイギリス全国の農林業者と土地管理者で、植樹、除草、樹木の保護のために、1ヘクタール当たり最大6800ポンドの助成を申請できる。この助成によって300万本以上の植樹と1900ヘクタールの新たな森林の創出を見込んでおり、政府目標である田園地帯への1100万本、市街地への100万本の植樹に貢献することが期待される。コフィー森林担当大臣は、継続的な林業支援と生物多様性保護を表明し、林業の存続のために多くの申請を促した。助成には、新たな樹林の造成支援や持続的森林管理の支援などいくつかの種類があり、申請準備にはオンラインでサポートが受けられる。助成が決定すると、毎年の維持費が10年間支払われる。

新着情報メール配信サービス
RSS