カナダ環境・気候変動省、ウィニペグ湖の回復に2570万ドル拠出

発表日:2017.07.24

カナダ環境・気候変動省は、カナダで6番目(世界で10番目)に面積の大きい淡水湖のウィニペグ湖とその水域の淡水資源を回復・改良するため、2017年度予算で淡水保護に配分された財源7,050万ドルの中から2,570万ドルを拠出すると発表した。このウィニペグ湖水域プログラムは、カナダ政府による淡水管理促進のための過去の取り組みの評価結果を基に策定され、カナダ国民の生活に極めて重要な3つの優先事項(栄養塩類汚染の削減、水域全体の淡水質保護のための連携強化、淡水問題処理における協働的管理の機会と先住民の関与の強化)に新たに取り組むとしている。ウィニペグ湖の表面積は約2万4,500平方kmで、カナダ4州とアメリカ4州の約100万平方kmの土地から排水が流入し、2006年9月にはほぼ全表面がアオコで覆われた。カナダ環境・気候変動省は、過剰な栄養塩による汚染の削減のため、引き続き科学的知見に基づいた取り組みを実施し、先住民やカナダ、アメリカのあらゆる政府レベルとの連携を強化するとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS