国連、気候行動で先住民との協力を進めると発表

発表日:2017.08.09

国連は、「世界の先住民の国際デー」の8月9日、気候行動で先住民との一層の協力を進めていくと発表した。国連によれば、先住民は人間と環境の良好な関係を保つ独自の文化と手段を継承および実践しており、気候行動に大きく貢献する立場にあるという。先住民は世界で約3億7000万人を数え、アマゾンから北極地方まで地球上の22%近くに居住して、地球上に残された生物多様性のうち推定80%の保護に寄与している。気候変動パリ協定では、気候の影響に対する回復力ある世界の構築に、先住民と地域社会が大きな役割を果たすことが指摘されている。先住民は独自の幅広い伝統的知識体系を持ち、環境や気象パターンに関するそうした伝統的知識は気候変動の影響の観測や緩和に不可欠である。また、災害の早期警報システムの開発への応用など、先住民の伝統的知識を回復力や適応に活用する事例は数多く存在する。国連気候変動枠組条約(UNFCCC)は、先住民の知識を活用しやすくし、また先住民の権利・権限を保護するとともに気候行動への参加を促進するためのプラットフォームを準備している。

新着情報メール配信サービス
RSS