コンシューマー・グッズ・フォーラムなど、食品廃棄物削減のため2020年までに食品の期限表示を世界規模で簡略化すると発表

発表日:2017.09.20

世界資源研究所(WRI)は、世界70カ国の大手消費財企業のうち400社(テスコ、ケロッグ等)が加盟するコンシューマー・グッズ・フォーラム(CGF)と、持続可能な開発目標(SDGs)の項目12.3の達成を目指す各界代表者連合「チャンピオンズ12.3」が食品廃棄物削減のため、2020年までに世界規模で食品の期限表示を簡略化するための行動喚起を承認したと発表した。これにより、小売店や食料生産者等は2020年までに、1)1度に複数のラベルを表示しない、2)生鮮食品には「消費期限」等、非生鮮食品には「賞味期限」等、いずれか1つを選択、3)期限表示を正しく解釈するための消費者教育、の3対策を講じることが求められる。世界の食品廃棄量は毎年約13億トンで、食品ロス・廃棄による年間の温室効果ガス排出量は全体の8%とされるが、期限表示ラベルの標準化で、食べられる食品の家庭からの廃棄量(英国の平均的子持ち世帯で700ポンド分)を簡単・効果的に削減し、2025年までに食品廃棄を半減させるというCGF決議の達成につながるとしている。

新着情報メール配信サービス
RSS