国連気候変動枠組条約、電気自動車の普及推進策は世界規模で加速と報告

発表日:2017.10.13

国連気候変動枠組条約(UNFCCC)は、イギリスやインド、フランスのパリ市などの気候行動を例に挙げ、電気自動車(EV)の普及推進策が世界規模で加速していると報告した。イギリスは、「クリーン成長戦略」を発表し、2015~2021年に行う革新的な低炭素技術に対する25億ポンド以上の投資について部門別の配分目標を定めたほか、運輸部門に関しては1)2040年までにガソリン車とディーゼル車の新車販売を打ち切る、2)超低排出ガス車の導入支援に10億ポンドを投じる、3)低炭素の輸送技術関連に約8億4100万ポンドを投じる、4)世界最高レベルのEV充電インフラ網を整備する、等の計画を明記した。一方インドは、政府がタタ自動車から1万台のEVを購入する計画を打ち出した。また、2030年までに国内で製造・販売される自動車をEVに限る方向で検討を進めているという。こうした動きは世界の都市でもみられ、例えばパリ市は、2030年以降に市内を走行できる自動車をEVに限定することを計画している。

新着情報メール配信サービス
RSS