国際エネルギー機関、デンマークは脱炭素化で世界を牽引していると報告

発表日:2017.11.27

国際エネルギー機関(IEA)は、デンマークは経済の脱炭素化で世界を牽引しているとする同国のエネルギー政策に関する報告書を公表した。同国の電源構成は過去20年間で根本的に変化しており、石炭火力発電の置換が進み、現在では風力とバイオエネルギーが主要電源となっている。同国は2030年までにエネルギー消費の半分以上を再生可能エネルギーでまかない、2050年までに化石燃料を使用しない低炭素型社会を実現するという目標を掲げている。IEAによると、同国はこれらの目標達成に向け順調に進んでいるという。報告書は、脱炭素化をさらに進め、エネルギーシステムを統合する機会にもつながる重要な領域として、1)電源構成に占める再生可能エネルギーの比率を現在の45%から高める方法と、2)熱部門を脱炭素化する方法、という関連する2領域に焦点を当てている。報告書では、燃料と電力への適正な課税などの賢明な政策措置、輸送部門からの排出削減のためのさらなる取り組みの必要性も指摘した。

新着情報メール配信サービス
RSS