オランダ社会基盤・水管理省、排水に残留する医薬品の除去に助成

発表日:2018.02.13

オランダ社会基盤・水管理省は、排水に残留する医薬品を取り除く新たなろ過技術の実証のため、地域水管理委員会に計3000万ユーロ助成することを発表した。同国では、人の体内で吸収されずに排泄されたり、廃棄されたりした医薬品残留物が年間14万kgも川や海に流れ込んでいるという。現在の排水浄化方法では医薬品残留物は完全には除去されず、魚類に悪影響を及ぼす可能性がある。高齢化とともに医薬品使用量が増加するうえ、長期的には水道水の浄水費用が高まることも予想されている。最初の助成対象として、ブラバント州のアー・エン・マース地域水管理委員会の試験プロジェクトが採択された。このプロジェクトは、40万ユーロの助成を受け、アールレ=リクステルでアー川に排水する浄化処理場を建設する。アー川は飲料水源であるマース川と合流するため、医薬品残留物を最小限にする必要性に迫られている。処理場は、紫外線過酸化水素法(UV-H2O2)を使って医薬品残留物を最大80%除去できるかどうかを検証する。

新着情報メール配信サービス
RSS