カナダとオンタリオ州、エリー湖の有害藻類ブルームを緩和する行動計画を公表

発表日:2018.02.22

カナダ環境・気候変動省は、オンタリオ州政府と共に最終的なエリー湖行動計画を公表し、エリー湖に流入するリンを40%削減する目標の達成のため連邦政府、州、協力機関等が取るべき義務的・自主的な120超の具体的行動を特定した。リンは、農地・下水処理場・汚水処理タンク等からエリー湖に流入し、水質や魚類・野生生物の生息環境等の悪化、商業漁業への脅威、人への毒性等、環境や経済、健康に広範に影響を及ぼす有害藻類ブルームの主要因である。このリン負荷削減のため同計画に特定された行動は、都市下水処理・回収システムの改良、農業部門での農地からエリー湖へのリン流出削減技術の奨励等となっている。行動計画は、市民参加および先住民社会、自治体、保全機関等との緊密な連携を経て策定され、特にエリー湖流域の先住民社会とは引き続き協力して計画を遂行するとしており、今後必要に応じて再検討・修正される。今回の行動計画は、カナダ・アメリカ水質協定と五大湖の水質・生態系健全性に関するカナダ政府・オンタリオ州協定の公約を実行するものである。

新着情報メール配信サービス
RSS