インドのアンドラプラデシュ州、2024年までに農薬ゼロの自然農法に転換

発表日:2018.06.02

国連環境計画(UNEP)によると、インドのアンドラプラデシュ州は、2024年までに農家600万戸(耕作農地800万ヘクタール)を「経費ゼロの自然農法(ZBNF)」へ転換する計画に着手した。化学肥料等で生産量を高める農業の近代化にいち早く取組んだ州の一つである同州は、今回の計画でインド初の100%自然農法州を目指す。ZBNFは、化学肥料や農薬を投入せず地元産のウシの糞等を利用する。自然の循環を重視し経費の最小化を目指す営農法は、土壌の生物多様性を豊かにし生産性を向上させ、農家の収入増をもたらすだけでなく、維持された地力は気候変動への適応を容易にする。この計画は、UNEP、BNPパリバ銀行及び世界アグロフォレストリー・センターが共同運営するインド持続可能融資ファシリティから今後6年間に23億ドルの支援を受けて、政府設立の非営利組織「農民向上組合」(RySS)が実施し、人的資本の形成を図る中で農民自身によるZBNFの普及を促す。2016年に704ヶ村4万8565戸で実験的に実施され、増収等成果を上げた。

新着情報メール配信サービス
RSS