中国生態環境部、環境行政等の改善や車両排ガス基準に関する大臣級会合を実施

発表日:2018.09.03

中国生態環境部(MEE)は、李部長(大臣)を議長とするMEEの大臣級会合が、「行政の合理化、権限の移譲、生態環境部門の業務向上、質の高い経済成長の促進に関する改革のさらなる深化に関する方針」と、車両の排出制限値と測定方法2種類(ディーゼル車両での無負荷加速および過負荷減速サイクル、ガソリン車両の2速度アイドリングおよび簡易運転モード)を審議し、基本的に承認したと発表した。前者は中国共産党中央委員会と国務院の決定に基づくもので、環境ガバナンスシステムの近代化や、経済成長と環境保護の継続には、行政の認可システム改革、規制と遵守検査の強化、公共サービスの改善、環境産業の支援などが必要だという。また後者は、移動発生源からの汚染物質、特に二酸化窒素(NO2)とオゾン(O3)汚染が著しく増え大気汚染の主要因の一つになっていることから、稼働中の車両についての規制を強化し大気質を守るため、排出基準を修正するもの。これらの基準を支える技術的仕様も早急に策定する予定だという。

新着情報メール配信サービス
RSS