ドイツ、ウクライナとの環境・エネルギー協力を強化

発表日:2009.07.08

ドイツのガブリエル環境大臣は、環境・エネルギー分野における協力推進のため、2日間の日程でウクライナを訪問し、気候変動・自然保護分野での相互協力を強化することで同意する予定である。ドイツは1987年以降、チェルノブイリ原発事故の被害救済に対する支援活動に携わっており、対策の現状についての情報交換や、核の安全性向上を目指した相互協議が行われる。また、ガブリエル大臣はウクライナの地球温暖化防止プロジェクトの立ち上げに関連した催しに出席する。ドイツ連邦環境省は近距離公共交通の建設を援助しており、さらにエネルギー効率モデル地区を設け、建築分野におけるエネルギー技術および再生可能エネルギーの導入を目指したパイロット計画を推進する予定である。ウクライナは全世界で20番目にCO2排出量が多く、エネルギー効率を上げ、省エネを徹底させるためには確固たる措置が必要であり、企業や国民の参加が不可欠である。

新着情報メール配信サービス
RSS