中国生態環境部、長江デルタ地域の大気および水汚染対策の実務会議を開催

発表日:2018.10.29

中国生態環境部(MEE)は、2018年10月12日、長江デルタ地域の大気汚染対策協力チームと水汚染対策協力チームのそれぞれ第7回、第4回の会合にあたる実務会議を開催した。長江デルタ地域の上海及び江蘇省、浙江省、安徽省3省の関係当局は、協力取組みの成果を確認し、深刻化が予測される2018年秋冬季の大気汚染対策をはじめ今後の汚染防止対策について討議し、協力体制の強化と今後の方針を決定した。具体的には、石油製品の品質向上と船舶排出汚染規制海域の拡大を進め、複数の省にまたがる河川や湖の汚染、港湾における貨物の輸送・積替えの管理、沿岸部の発電所の展開について調査と対策を実施する。地域の開発計画と汚染防止対策の一体化を図る中で、エネルギー構造を最適化し、老朽施設の廃棄と技術革新を進める。また、地域の排出基準や違反検査基準を統一し、合同検査を実施して汚染データ等情報を共有し、基準未達成者の指導を強化する。水汚染については特に、都市排水処理システムの整備、飲用水源の保護、産業界の水質管理基準の強化等に取組む。

新着情報メール配信サービス
RSS