カナダ環境・気候変動省、湖水を利用した建物冷却事業に1000万ドルを助成

発表日:2019.01.10

カナダ環境・気候変動省は、「低炭素経済チャレンジ」基金チャンピオン部門の第1回助成対象としてエンウェーブ・エネルギー社を選定したと発表した。同社の冷水供給冷房システム拡大事業に1000万ドルを助成する。このシステムはオンタリオ湖の深層水を建物の冷房に利用するもので、エネルギー消費の大きいトロント市中心部の医療、政府、教育機関等の公的建物や高層ビルに普及すると空調費を80%削減できるという。カナダ政府は、気候変動を重大な危機であると同時に最大の経済的機会であると認識し、26兆ドルといわれる環境対応ビジネスの世界市場に参画するため、排出削減と雇用創出に寄与する事業を奨励している。「低炭素経済基金」はそのための重要な柱である。同基金は総額20億ドルで「リーダーシップ基金」と「チャレンジ」の2部門から成り、「チャレンジ」はさらに、今回エンウェーブ社が対象となった「チャンピオン」と小規模事業対象の「パートナーシップ」に分かれる。このほかの助成対象事業についても近日中に発表される。

新着情報メール配信サービス
RSS