ドイツ連邦環境省と環境庁、2019年連邦エコデザイン賞の応募受付を開始

発表日:2019.01.14

ドイツ連邦環境省(BMU)と連邦環境庁(UBA)は、2019年の連邦エコデザイン賞への応募を呼びかけている。これは、製品やサービスのエコデザインに関する最高レベルの国家コンテストで、BMUとUBAがベルリン国際デザインセンター(IDZ)と共同で2012年から毎年開催している。賞には製品、コンセプト、サービス、新人の4部門があり、専門家が複数の段階を経て審査する。応募者は部門や規模にかかわらず同等に評価される。受賞すると本格的なイメージトレーラー(紹介ビデオ)が制作され、コンテストに関するメディアで使用されるほか、受賞者にも提供される。新人賞は学生も応募可能で、受賞者にはそれぞれ1000ユーロが授与される。また全候補者と受賞者の作品を展示する巡回型の展示会も2020年に行われる。シュルツェ連邦環境大臣は、「エコデザインでは、デザイン・設計の段階から環境プロセスを組み込むことが求められる。2019年もこの名誉ある賞を授与することができ喜ばしい」と述べた。表彰式は2019年11月にBMUで行われる。

新着情報メール配信サービス
RSS