欧州環境庁、航空部門の環境への悪影響は増大していると報告

発表日:2019.01.24

欧州環境庁(EEA)は、欧州航空安全庁(EASA)、欧州航空航法安全機構(EUROCONTROL)と共同で欧州航空環境報告書2019年版を公表し、航空部門の成長により気候変動や騒音、大気質への悪影響が増大していると報告した。この報告書によると、EU加盟28か国及び欧州自由貿易連合(EFTA)加盟国の航空機発着便数は2014~2017年に8%増加しており、さらに2017~2040年には42%増加すると予想されている。この成長による悪影響は、技術向上や業務効率化等により一部は緩和できたが、2014年以降、騒音や排出は全体的に増大している。2016年には国内及び国際航空はEU加盟28か国の温室効果ガス排出量の3.6%を、輸送部門内では13.4%を占めた。環境効率としては改善傾向にあり、2040年までに旅客・飛行キロメートル当たりの燃料使用は12%向上、一便当たりの騒音は24%低減すると予想されているが、CO2排出量は21%以上、窒素酸化物(NOx)排出量は16%以上増加する見込みだという。

新着情報メール配信サービス
RSS