アメリカ環境保護庁、水再利用行動計画を策定へ

発表日:2019.02.27

アメリカ環境保護庁(EPA)はサンフランシスコで開催された水再利用ワークショップにおいて、新たに水再利用行動計画を策定することを発表した。水の再利用は、灌漑、産業、飲用、地下水涵養など地域の状況によって様々な方法が考えられる。こうした機会について水部門全体が関わって作業を進め、産業界と政府が双方の専門性を活かして効率的な水資源の利用を目指す行動計画を立案していく。すべての国民が清浄で安全な水を入手できるようにすることは連邦政府の責任であるとの認識のもと、水部門で別個に始まっている革新的な水再利用の取組を加速させていくという。EPAは連邦政府、州、水部門の間での議論の円滑化を図り、行動計画策定・展開のための新たな協力関係の形成を目指すことになる。EPAの取組は、水資源管理の諸問題に対処する政府のより広範な取組の一環であり、利用できる水の確保、干ばつのリスクの軽減などに関して、内務省、農務省などと緊密な連携を行っていく。計画案は2019年9月の水再利用年次シンポジウムで公表される予定である。

新着情報メール配信サービス
RSS