国連環境計画、現在の環境のままでは人間の健康に重大な被害が発生すると警鐘

発表日:2019.03.13

国連環境計画(UNEP)は、第4回国連環境総会の開催中に、包括的な環境評価報告「地球環境概観第6次報告書」(GEO-6)を公表し、環境保護を早急に拡大しなければ2050年までにアジア、中東、アフリカで数百万人が早死にすると警告した。淡水が汚染されることで、薬剤耐性菌が感染症による主な死因となり、内分泌攪乱物質が人間の生殖能力や子供の神経発達に影響を及ぼすようになるという。現在2030年または2050年までにSDGsを達成できる状況にないが、世界各国がGDPの2%をグリーン投資に充てることで長期的な成長が見込め、気候変動や水不足、生態系消失による影響を最小限に抑えられると分析。有効な対策として、肉中心の食事を控えることや食品廃棄物の削減、都市化に伴う環境負荷低減のガバナンス推進、海洋プラスチック汚染削減の世界的な取組推進、環境統計の向上と官民連携のデータ収集、総合的な問題解決策の実施等を示した。持続可能な開発に必要な対策と技術はすでに存在しており、それらを十分なスピードと規模で実行する政治的意思が重要だという。

新着情報メール配信サービス
RSS