イギリス環境・食糧・農村地域省、農家の環境保護活動の普及に250万ポンド助成

発表日:2019.08.05

イギリス環境・食糧・農村地域省(Defra)は、田園管理ファシリテーション(促進)基金の第4期の参加者を募集する。同基金は、地域の環境改善を促進するファシリテーターの役割を担う農家や土地所有者を募集する。ファシリテーターは、他の農家に対する環境保護の研修などを実施し、洪水防護や野生生物の生息地保護など、単一農園規模ではなく景観規模で自然環境を改善する。研修を受けた農業者らが新たに田園管理協定に参加することも期待されている。応募者は、各地域の環境保護のための協力と知見共有の計画を提出する。今回は今後3年間にわたって計250万ポンドの資金を提供する予定で、約40団体が想定されている。第3期までの3回と洪水に特化した回では、計98団体に780万ポンドを助成してきた。2015年に同基金に参加したワイヤ・フォレスト促進基金は、5138ヘクタールにわたる70農園にその規模を拡大し、過去1年間には林地の回復・創出などに関する18回の研修を実施している。

情報源 イギリス環境・食糧・農村地域省(Defra) ニュース記事
田園管理ファシリテーション(促進)基金について
国・地域 イギリス
機関 イギリス環境・食糧・農村地域省(Defra)
分野 自然環境
キーワード 環境改善 | 自然環境 | 環境保護 | イギリス環境・食糧・農村地域省 | 田園管理ファシリテーション | ファシリテーター | ワイヤ・フォレスト促進基金 | 洪水防護 | 生息地保護
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS