気候変動枠組条約事務局、2010年の気候変動交渉のスケジュールを公表

発表日:2010.04.11

ドイツのボンで2010年4月11日まで、第15回気候変動枠組条約締約国会議(COP15)後初めてとなる国連の気候変動交渉が再開され、交渉の頻度を増やすスケジュールが合意された。すでに決まっている交渉予定に加え、少なくとも1週間の交渉会合を2度開催することとなった。各々、国連気候変動枠組条約の第32回補助機関会合(5月31日~6月11日)、第16回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP16、11月29日~12月10日)の間に開催される予定。UNFCCCのデ・ブーア事務局長は、2010年中に、(1)COP15での合意に近づき、COP16で最終的に決定できる見込みの事項、(2)立場に違いのあるものの、コペンハーゲン合意で政治的な方針が示されている事項、(3)合意からは程遠い事項、という3点に取り組まなければならないとしている。特に、緩和策に関する目標と対策、適応策のパッケージ、技術に関する新しいメカニズム、財政的な合意、森林減少対策などについて結論を出さなければならないという。

新着情報メール配信サービス
RSS