ドイツ連邦環境省、木質バイオマスから電気と熱を生み出す高効率システムを支援

発表日:2010.12.17

ドイツ連邦環境省(BMU)は、木質バイオマスをガス化して電気と熱を生産する高効率システムを開発したパイロット事業に対し、環境イノベーションプログラムより85万ユーロを支援すると発表した。このシステムは、バイエルン州グラッサウのアーヘンタル社が開発したもので、高効率の「ヒートパイプ」装置を用いて木質バイオマスを合成ガスに転換する。さらにそのガスを、本計画のために開発されたガス発動機で電気と熱に転換し、熱は地元へ、電気は全国の電力網へ供給している。これにより、年間約1500トンのCO2の排出削減が可能になるという。この装置は、従来の装置に比べ燃料効率がきわめて高いうえ、新規の設置だけでなく、既存装置に置き換えて使用できることから、この事業によりバイオマス・ガス化装置の新世代が始まると期待されている。

新着情報メール配信サービス
RSS