欧州委員会、環境・健康保護に向けた規制確立のため、「ナノ物質」の定義を採択

発表日:2011.10.18

欧州委員会は、環境・健康保護に向けた規制確立のため、「ナノ物質」の定義に関する勧告を採択した。これは、「新たな健康リスクに関する科学委員会(SCENIHR)」等による科学的知見と広範な協議に基づいたもの。ナノ物質はこれまで、歯磨き粉やバッテリー、塗料、衣類など何百もの用途に使用され、今後も医薬品や環境保護、エネルギー効率化等の分野での利用が期待されている。しかし、その安全性は必ずしも確立されていない。適切な規則を適用するには明確な定義が必要だが、産業部門によって定義が異なることから、今回、統一した法的基準を設けるに至った。採択された勧告は、ナノ物質を、有害性やリスクではなく粒子の大きさで定義し、1~100ナノメートルの粒子で主に構成されるものとした。これにより企業は、REACH規則に基づく化学物質登録書類における評価や、自社製品がナノ物質であるかの判定が容易となる。なお、この定義は、今後の科学技術の進展にあわせて、2014年に再検討が行われる予定である。

新着情報メール配信サービス
RSS