ドイツやギリシャなど、ギリシャでの太陽光発電を促進するヘリオスプロジェクトについて協議

発表日:2012.04.03

欧州委員会とギリシャ環境エネルギー気候変動省の共催による、ハイレベルエネルギー会議(アテネ)で、ドイツ、ギリシャ及びEUが、ギリシャにおける太陽光発電を促進するヘリオスプロジェクトについて協議した。ヘリオスプロジェクトの目的は、日照が豊富なギリシャに大量の太陽光発電システムを設置し、発電された電力を他のヨーロッパ諸国に輸出することである。会議に出席したドイツ連邦環境省のベッカー事務次官は、「ギリシャにおける太陽光発電の拡大は、経済成長、技術革新、雇用創出につながる」ことを強調し、ギリシャで再生可能エネルギー市場を拡大できれば、ドイツ企業にとっても新たな投資機会になることを示唆した。また「ヘリオスプロジェクトは、ドイツの太陽光発電による電力をギリシャのものに置き換えるのではなく、ヨーロッパにおける再生可能エネルギーの拡大につなげるもの」と述べた。会議には、ギリシャの担当閣僚や、欧州委員会のエネルギー担当委員なども参加した。

新着情報メール配信サービス
RSS