(独)産業技術総合研究所など、ミドリムシを主原料とした微細藻バイオプラスチックを開発

発表日:2013.01.09

(独)産業技術総合研究所は、日本電気(株)及び宮崎大学と共同で、微細藻の一種であるミドリムシから抽出される成分を主原料とした微細藻バイオプラスチックを開発したと発表した。これは、(独)科学技術振興機構(JST)の先端的低炭素化技術開発の一環として行われた。今回開発した微細藻バイオプラスチックは、ミドリムシ(ユーグレナ)が作り出す多糖類(パラミロン)に、同じくミドリムシ由来の油脂成分(ワックスエステル)から得られる長鎖脂肪酸、またはカシューナッツ殻から抽出される油脂(カルダノール)、を付加して合成したもの。従来のバイオプラスチックや石油由来の樹脂に劣らない熱可塑性と耐熱性をもち、植物成分率が約70%と高いことが特徴である。今後は、同プラスチックの物性と構造の詳細な関係を明らかにし、さらに高い耐熱性や強度などの優れた実用特性を目指し、分子設計を推し進めていく予定。また、ミドリムシの効率的な培養方法やパラミロンの抽出方法など、同プラスチック製造に不可欠な技術についても研究を行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS