環境省、CCACアジア地域会合の開催結果を公表

発表日:2013.02.06

環境省は、平成25年2月4日から5日にタイのバンコクで開催された「アジア太平洋における短期気候保護及び大気環境保全に関する地域政府間会合」の開催結果を公表した。同会合は、短寿命気候汚染物質削減のための気候と大気浄化のコアリション(CCAC)の支援により、短寿命気候汚染物質(SLCP)に関する意識の向上及びアジア太平洋地域におけるSLCPの早期削減に向けた取組の議論を目的としたもの。同会合では、既存の取組へのSLCPの課題の取り込み等によるSLCPに関する意識の向上と分析の必要性が指摘された。また、対流圏オゾン削減のためのNOxとVOCの排出削減がアジアにおける急務であることが指摘された。さらに、アジア各国、その他の組織への提案として、CCACへの参加の検討や、SLCPの排出源の特定、国の行動計画へのSLCPの位置付け等があげられた。

新着情報メール配信サービス
RSS