NEDOと(株)日立製作所、次世代石炭火力発電向けガスタービンクリーン燃焼技術を開発

発表日:2013.04.11

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と(株)日立製作所は、次世代石炭火力発電向けガスタービンクリーン燃焼技術を開発したと発表した。CO2回収機能付石炭ガス化複合発電(CCS-IGCC)は、CO2排出量の大幅な低減が期待される次世代石炭火力発電技術であるが、ガス化した石炭を燃焼する過程で大量のNOxが発生すること、その対応策である希釈剤を用いたNOxの抑制手法には、発電効率が低下するという課題があった。今回、希釈剤を用いることなく、環境規制を満たす燃焼技術として、水素を含む燃料を安定的に燃焼させると共に、NOxの排出量を低減できる「多孔同軸噴流バーナー」を開発。石炭ガス化ガスを模擬した試験用燃料を用いた試験に加え、ガスタービンの実機と石炭ガス化ガスの実物を用いた試験を行うことで、NOx発生量を環境規制値以下に抑制できる性能を確認した。今回の成果は、CCS-IGCCプラントの実用化に向けて、高効率発電を実現しつつ、NOxの排出基準値以下で実用運転できる可能性を示したはじめての成果になるという。

情報源 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) プレスリリース
(株)日立製作所 ニュースリリース
機関 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) (株)日立製作所
分野 地球環境
大気環境
キーワード CCS | CO2 | NOx | 火力発電 | 石炭 | IGCC | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 日立製作所 | 燃焼
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS