横浜市、ビルエネルギー管理システム(BEMS)導入補助事業を実施

発表日:2013.05.07

横浜市は、ビルエネルギー管理システム(BEMS)導入補助事業を実施すると発表した(募集期間:平成25年5月8日~平成26年2月28日)。同事業は、低炭素都市の実現を目指した横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)を推進させるとともに、業務・商業ビル等に対するBEMSの導入を促進するため、BEMS設置に対する補助を実施するもので、エネルギー使用の効率化や電力需要の抑制を図るもの。補助対象は、以下の要件を満たす事業。1)横浜市内で実施される、2)BEMSアグリゲータが提供し、かつ(一社)環境共創イニシアチブ(SII)認定のBEMSを建築物(原則、電力会社等との契約電力が50kW以上、500kW未満)に導入する、3)BEMSを設置後、YSCPの統合BEMSと連携する。同市では、補助予定件数を約12件としている。

情報源 横浜市 記者発表資料(PDF)
横浜市 ビルエネルギー管理システム(BEMS)導入事業
機関 横浜市
分野 地球環境
キーワード BEMS/ビル/補助/横浜市/YSCP/低炭素都市/横浜スマートシティプロジェクト/BEMSアグリゲータ/エネルギー管理システム
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS