川崎市と千代田化工建設(株)、水素社会実現に向けた連携・協力に関する包括協定を締結

発表日:2013.06.28

川崎市と千代田化工建設(株)は、水素社会の実現に向けた連携・協力に関する包括協定を締結したと発表した。この協定は、低炭素社会の構築と、エネルギー源の多様化に大きく貢献する水素社会の実現を目指すもの。協定内容は、1)水素社会を支えるインフラの構築の取組、2)水素のエネルギー利用の取組、3)再生可能エネルギーにより製造する水素(グリーン水素)の活用の取組、4)その他水素社会の実現に資する取組、となっている。千代田化工建設では、今後、水素の大量消費地である川崎臨海部のエリアポテンシャルを活かして、水素の海外調達・輸送・需要家への供給まで、一連の水素サプライチェーンのビジネスモデルを構築する。一方、川崎市では、グリーンイノベーションの取組を加速させ、川崎臨海部の水素ネットワークの構築に向けた取組を推進することにより、川崎臨海部地域の競争力強化を図るとともに、グリーン水素との連携や、市民生活分野、交通分野等への展開を進めることにより、水素社会の実現を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS