NEDO、ウズベキスタンで高効率ガスタービンコジェネレーションモデル設備の実証運転を開始

発表日:2013.08.26

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ウズベキスタンの熱電併給所内に、高効率ガスタービンコジェネレーションモデル設備が完成し、実証運転を開始したと発表した。ウズベキスタン共和国では、発電設備の老朽化により性能や運転信頼度が低下し、設備の近代化が喫緊の課題となっている。今回実証運転を開始した設備は、天然ガスを燃料に発電を行い、その排熱を排熱回収ボイラーで回収して蒸気供給を行うもので、総合熱効率が高く、熱生産量に対して発電量が比較的多いという特徴を有する。回収した蒸気は、既設の蒸気タービン、蒸気・温水供給設備で活用されるため、比較的少ない設備投資により、ガスタービン排熱を最大限に有効活用することができる。これにより、稼働する旧式の天然ガス火力発電所等での炊き減らしが可能となり、10%程度の省エネと、年間4万1千トンのCO2削減が見込まれる。NEDOでは、同事業の成果をもとに、ガスタービンコジェネレーション技術の同国内及び周辺国への普及を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS