(株)安川電機、中容量用途に最適な200V級の太陽光発電用パワーコンディショナを発売

発表日:2013.10.08

(株)安川電機は、中容量用途に最適な200V級の太陽光発電用パワーコンディショナを、2013年10月8日から発売すると発表した。地球温暖化の抑制や災害対策の必要性から、太陽光や風力など再生可能エネルギーの活用に対するニーズが高まっている。太陽光発電については、全量固定価格買取制度の後押しもあり、1000kWを超えた大規模容量のメガソーラーの事例や、工場の屋根等に設置する中容量用途のニーズが増えている。今回発売する製品は、工場の屋根等に設置する中小規模のニーズに対応するため製品化したもの。インバータの技術を生かし、幅広い入力電圧(DC250V〜600V)に対応している。また、商用トランスによる絶縁方式とすることで、シリコン薄膜を含むあらゆるタイプの太陽電池に使用可能となった。さらに、長い設計寿命、自立運転機能など、信頼性が求められる産業用途に対応しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS