環境省、平成25年度地域連携保全活動推進アドバイザー派遣事業の派遣地域を募集

発表日:2013.10.17

環境省は、平成25年度地域連携保全活動推進アドバイザー派遣事業において、派遣を希望する地域を募集すると発表した(募集期間:平成25年10月17日~11月8日)。生物多様性保全の取組は、地域の自然的、社会的条件に応じて、地域の多様な主体が連携して行うことが重要である。このため、平成23年10月に生物多様性地域連携促進法が施行された。今回の事業は、地域の多様な主体が連携した生物多様性の保全のための活動(地域連携保全活動)に取り組む又は取り組もうとする地域を対象として、各地域の個別の状況・課題に対して助言を行う外部アドバイザーを派遣するもの。想定されるアドバイスとして、1)保全活動に関する技術的アドバイス、2)計画的、継続的な保全活動の実施、3)多様な主体の連携による体制づくり、4)地域社会への貢献、をあげている。同省では、平成25年11月上旬頃に派遣地域を決定し、12月上旬から平成26年2月下旬に派遣を実施する予定。

新着情報メール配信サービス
RSS