本田技研工業(株)、ブラジルで生産に必要な電力の再生可能エネルギー創出で風力発電拠点を着工

発表日:2013.10.30

本田技研工業(株)は、ブラジルにおける風力発電事業会社「ホンダエナジー・ド・ブラジル・リミターダ」(ホンダエナジー)が、ブラジルで風力発電拠点の建設に着工したと発表した。この風力発電事業は、自らの企業活動で発生する環境負荷の最小化を目指し、ブラジル自動車業界では同社が初めて開始するもので、これにより、ブラジルにおける再生可能エネルギーの使用を積極的に進めていくことにしている。発電拠点には風力タービン9機が設置される予定で、年間発電量は現在ブラジルでの四輪車生産活動(年間生産台数約14万台)に必要とする年間電力量に相当する約9万5,000MWhとなる見込み。また、工場で必要な電力量を再生可能エネルギーで創出することによるCO2排出量の低減効果は、年間約2,200トン以上に上る見込みという。なお、稼動開始は2014年9月を予定している。

新着情報メール配信サービス
RSS