パナソニック(株)とテスラモーターズ、EV用リチウムイオン電池供給拡大の契約を締結

発表日:2013.10.30

パナソニック(株)とテスラモーターズ(本社:米国カリフォルニア州)は、電気自動車(EV)用リチウムイオン電池の供給を拡大する契約を締結したと発表した。両社では、EV用の次世代電池を開発、EV市場の拡大を加速するなど、これまで複数年に亘る協力関係を築いてきた。今回の契約は、両社が2011年に締結した契約を更新・拡充したもの。パナソニックは今後の4年間(2014年~2017年)で約20億セルのEV用リチウムイオン電池を供給し、テスラの高級EVセダンや、2014年末までに量産予定の多目的車に搭載される。また、両社は最高のエネルギー密度と性能を実現する次世代の電池を開発。パナソニックの円筒形リチウムイオン電池は、特にEVの品質や寿命を最適化するように開発され、テスラは、これらの電池をパックして高級EVセダンで航続距離約500kmを実現したという。

新着情報メール配信サービス
RSS