滋賀県、「取り戻せ!つながり再生モデル構築事業」のモデル地域を募集

発表日:2013.11.12

滋賀県は、「取り戻せ!つながり再生モデル構築事業」のモデル地域を募集すると発表した(募集期間:平成25年11月12日~12月13日)。現在、琵琶湖では水草の異常繁茂や在来魚介類の減少など様々な問題が現れており、県では「マザーレイク21計画」や「内湖再生全体ビジョン」等に基づき、水環境保全の取り組みを進めている。今回、地域での身近な水環境のつながりを再生する取り組みをさらに進めるため、「取り戻せ!つながり再生モデル構築事業」を実施する。具体的には、平成25年度から平成26年度にかけて、地域の関係者が集まり、地域の課題を共有したうえで、身近な水環境のつながり再生にむけたプランを検討・策定する。県もプランの検討に参加し、地域・行政・研究者等によるつながり再生に向けた総合的な取り組みの実現に向けて役割を果たす。応募資格は、県内において身近な水環境のつながり再生に向け地域と連携した取り組みを実施もしくは実施を検討している団体等である。

新着情報メール配信サービス
RSS