(株)野村総合研究所、水資源の戦略的活用に向けた本格的な研究の検討に着手

発表日:2008.08.20

(株)野村総合研究所は、オーストラリアの南東クイーンズランド都市部の水資源に関して、同地域の研究組織であるSEQ Urban Water Security Research Allianceと、共同研究の実施に向けた検討に着手したと発表した。これまで同社では、日本の環境技術の分野で、海外の政府や研究機関・企業と共同研究を実施している。今回はその一環として、日本の水資源関連技術や知見をオーストラリアで活かすため、SEQ Urban Water Security Research Allianceと、2008年7月11日に関心表明書を交わした。今後、クイーンズランド州政府が策定した「南東クイーンズランド水資源戦略」の方針に沿い、2008年度中に漏水防止、節水、中水利用などに関する共同研究を実施し、2009年度以降、漏水監視・管理システムの導入、中水利用システムの導入などの実証実験の実施を目指すという。

新着情報メール配信サービス
RSS