北陸先端大など、390度超の世界最高耐熱のバイオプラスチックを開発

発表日:2014.02.14

北陸先端科学技術大学院大学と筑波大学は、(独)科学技術振興機構(JST)の課題達成型基礎研究の一環として、世界最高耐熱性のバイオプラスチックを開発したと発表した。バイオプラスチックは、二酸化炭素(CO2)削減と廃棄物処理に有効であるとされているが、そのほとんどは柔軟なポリエステルであり力学強度・耐熱性の点で問題があるため、主に使い捨て分野で使用されてきた。今回、バイオプラスチック材料として、堅い構造の天然物であるシナモン系分子に注目し、天然にはほとんど存在しないシナモン類4-アミノ桂皮酸を遺伝子工学的手法により大腸菌で生産する手法を開発し、紫外線を利用してこれまで微生物生産されたことがなかった芳香族ジアミンの合成に成功した。これをモノマー材料として種々のカルボン酸類と反応させることで6種類のバイオポリイミドを合成。高耐熱で高ヤング率を持つだけでなく透明性も高いことが分かったため、レンズやガラス代替材料などの透明素材として有効利用できる。今後、自動車部品などの金属やガラスを代替する物質として設計する予定であるという。

情報源 北陸先端科学技術大学院大学(JAIST) プレスリリース
筑波大学 プレスリリース(PDF)
科学技術振興機構(JST) 共同発表
機関 北陸先端科学技術大学院大学(JAIST) 筑波大学 科学技術振興機構(JST)
分野 地球環境
キーワード CO2/バイオマス/科学技術振興機構/JST/耐熱性/バイオプラスチック/北陸先端科学技術大学院大学/筑波大学/シナモン/ポリイミド
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS