環境省、平成26年度離島の再生可能エネルギー導入促進のための蓄電池実証事業を公募

発表日:2014.02.21

環境省は、平成26年度離島の再生可能エネルギー導入促進のための蓄電池実証事業に係る補助事業者を公募すると発表した(公募期間:平成26年2月21日~3月14日17時必着)。同事業は、離島の短周期及び長周期変動の両方の特性に対応する新たな蓄電池の効率的管理・制御手法を開発し、再生可能エネルギー導入量の最大化と蓄電池容量の削減による経済性の向上を同時に実現する蓄電池の活用方法等を確立するための技術実証事業であって、要件を満たす事業に対し補助を行うもの。補助事業期間は原則として単年度(平成27年3月31日まで)、補助率は最大75%。事業の選定にあたり、一般公募を行い、応募者から提出された実施計画書等を基に厳正に審査を行い、総合的に評価し、優れた提案について予算の範囲内で補助事業者を選定する。補助金の交付を申請できる補助事業者は、1)民間企業、2)一般社団法人・一般財団法人及び公益社団法人・公益財団法人、3)法律により直接設立された法人、4)その他環境大臣が適当と認める者、である。

情報源 環境省 報道発表資料
環境省 平成26年度離島の再生可能エネルギー導入促進のための蓄電池実証事業の公募について
機関 環境省
分野 地球環境
キーワード 再生可能エネルギー/環境省/離島/実証/補助金/蓄電池/技術
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS