復興庁と環境省、「平成26年度除染技術実証事業」に係る実証試験対象技術を募集

発表日:2014.02.24

復興庁と環境省、「平成26年度除染技術実証事業」に係る実証試験対象技術を募集すると発表した(応募締切:平成26年5月23日17時必着)。同事業は、今後の除染作業等に活用し得る技術を発掘し、その効果、経済性、安全性等を確認するため実施するもの。今回、除染や汚染廃棄物の処理等を行う作業現場の課題を的確に把握し、その課題に応える技術であって、今後の除染等に活用し得る技術を広く公募する。応募のあった技術は、有識者により構成される委員会で厳正な審査を行い、実証試験を行う技術を採択(10件程度)する。採択された技術は、応募者に実証試験の実施にあたっての詳細な計画の提出を求め、環境省との協議を経て、請負契約を締結した後に、実証試験を実施する。実施期間は、契約締結後から平成26年12月8日までである。また、平成25年度除染技術実証事業の評価結果がとりまとめられ、環境省から公表された。

情報源 環境省 報道発表資料
(独)日本原子力研究開発機構福島技術本部 平成25年度除染技術実証事業(環境省受託事業)報告書
機関 復興庁 環境省
分野 ごみ・リサイクル
健康・化学物質
水・土壌環境
キーワード 環境省/廃棄物/安全性/実証試験/経済性/技術/放射性物質/除染/復興庁
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS