NEDOなど、海水淡水化と下水処理を統合した新規水処理システムを開発

発表日:2014.03.12

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と海外水循環ソリューション技術研究組合(GWSTA)は、海水淡水化と下水処理を統合した新規水処理システムを開発したと発表した。今回、北九州市内の「ウォータープラザ北九州」にデモプラントを設置し、同システムの実証を行った結果、従来の海水淡水化システムに比べ30%以上の省エネルギー、低コスト化を達成した。下水再利用プロセスでは、低圧の逆浸透膜(RO膜)処理による生産水を工業用などに利用。海水淡水化プロセスでは、下水処理で残った低濃度の濃縮水を海水に混ぜて、「中圧」のRO膜での処理が可能になったことにより、省エネルギー化を図ることができた。また、海水の取水量を減らしつつ放流水の塩分濃度を抑えることができ、環境への負荷を小さくすることができる。一方、生産水は、周辺の施設などに提供され、特に九州電力(株)では、2年間以上ボイラー用水として連続的に使用し、良好な結果が得られたことから、同システムの実用化への信頼性が確認されたという。

情報源 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) プレスリリース
機関 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 水・土壌環境
キーワード 下水処理/省エネルギー/RO膜/海水淡水化/新エネルギー・産業技術総合開発機構/NEDO/水処理/ウォータープラザ/海外水循環ソリューション技術研究組合/GWSTA
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS